上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01.02 2015
走る。寒空の下。

正月は誰も走っていない。

彼女は今も、絵を描き続けていて、それが嬉しかった。

以前よりずっとずっと自由で開放的な絵だった。

それもまた嬉しかった。

たぶん、自分は多くの影響を与えたに違いない。

わたしの言葉が誰かの中で生き続けている。

魂をつかまえて。

投壜(ブログ)でしか救われない魂もある。

たぶん、どこかでつながっているのだろう。

それが切れることはない。

ありがとう。

それはきっと救われる。

魂を救え!




幼いときは、しかしわからなかった。
この世には、独りでいることができて、
初めてできることがある。ひとは
祈ることができるのだ。     

「空の下」長田弘『一日の終わりの詩集』



スポンサーサイト
エピソード記憶。
中学の頃、文化祭をAくんと盛り上げた。
熱い友情だったかもしれない。
高校までつきあいがあったが、それきりとなった。

ここ最近彼との思い出を中学時代の迷いのない情熱を
思い出した。ひらめくように。

会社に届く市報。
滅多に読まないが広報欄がなぜだか無性に恋しい感じで、
目を通すと動画、映像に関するセミナー開催の予定が書かれていた。

最近は映像に関する仕事について考えていたから、
ちょうどウッテツケ!のセミナーだった。

とはいえ、少しこのセミナーのことは忘れていた。

でも無性に気になっていて思い出され、
今日参加申し込みのファックスを送った。

セミナーのチラシをダウンロードした。
その講師、その講師の名前に見覚えがあった。
Aくんだった。
20年ぶりに来月セミナーを通して会うことになった。
その前にも個人的に会うかもしれない。

思うこと。思われること。
会うこと。すれちがうこと。




2014.05.05 Lights
Bm0nUnuIYAAcDVM.jpg


拡散してほしい写真みたいだから、のっけてみた。

このブログじゃ拡散もしないが。笑

空が青い。

善も悪も、じつは、ない。

なによりも充実しているのは、その青さ、そして映える血の赤。

ただ、それだけ。

たしかに悲しい。そして痛ましい。酷いことだし、なんとかせねばと思う。

でも象は象。人は人。空は空。

相対して虚無になるでもなく、充実しきっている。

なんにもいらない。なんにもしなくていい。

今日、夜、ホームレスの人に毛布を配りに行こうか。

ホームレスの人はいない。

じつは愛は対象がない。それじたいで自足している。

施しが可能になるのは、その地点で。

振り上げられる斧はあたたかくもつめたくもない。どちらかであってほしい。

「かく熱きにもあらず、冷かにもあらず、ただ微温(ぬる)きが故に、
我なんぢを我が口より吐き出(いだ)さん」ヨハネ黙示録第三章十五節

おまえは生ぬるいんだよ、吐き気がするんだよと言っているのである。

「夜羽(ヨハネ)あなたどこに行くのです」ヨハネがすき 大島弓子


小島信夫の『殉教』をこの連休中に読めた。
映画の骨になりそうな予感。
この予感というのが創作において、暗い迷路の小さな灯火になるのだなあ。






カガワシンジ選手がW杯に出られないという嫌な夢を見る。

内容はともかく、社会の無意識を背負った夢を見た、なんともいえない感情。

ある映画祭に感想文を出して入賞をした。

入賞者には後日景品が送られるという話しだったが、全然こない。

まったくもってフザけているが、一方で笑える。

主催者の評判の悪さを聞いていたが、まあいいか。

むしろ映画のネタになる。ホン・サンス的だ。感想文もホン・サンスの映画だ。

年齢について考えた。

わたしは40手前だが童顔のせいか、わりと若い人のなかにも入っていける。

だが60くらいになるとどうだろうか。

同じ年齢の集団でしか集まれないのは退屈だ。

わたしはいつも「年下」的ポジションにいたが、

いつの間にか「年上」になっていて、そうなると皆遠慮がち語りかけてくるようになるものだ。

それが寂しい。

しかし「成熟」とは、それを受け入れることか。

成熟がよくわからない。

少なくとも団塊の世代が言うような成熟はわたしにとってどうでもいい。

むしろ彼らに未熟さを見てしまう。

三年日記を書きはじめて一年が経った。






日本でもかなり大きな環境団体の会員なのだが、
そこのメーリングリストでは日々様々な意見交換がなされている。
ここでの意見交換は常にポジティブで明るく、お互いを励まし合い、
希望に満ちた社会づくりへの覇気に満ちたものだ。
しかし、そこへある女性が不協和音を鳴らすように、
ある種の不平、独断的な意見を投稿したところ会員の非難を浴び、
退会まで促されるところまできた。
わたしはこの女性の根底にある甘えは問題だと思うが、
排除の方向にまで追い込まれていく状況には強い違和感を覚えた。
支配を忌避する組織のなかに支配がある。


退会の促しはポーズかもしれないし、本気かもしれない。
本気の人もいるだろうし、そうでない人もいる。暖かく見守る人もいる。


この人を救う(救うというのは傲慢だが仮に)こと、
それは本人自身の力によるしかない。
それは間違いない。


しかしこのどうしようもないような人であってさえも、
受け入れることができない組織とはなんなのであろうか。
心の問題にもふれる組織として。


この排除性がこの組織の限界だとは薄々気づいていた。
みんなイエスマンだ。


ある力。強靭な。統制への。
これはある目的を達するためには必要なものだ。
加速することが必要だ。
強制的なものがなければ、人は重い腰をあげないかもしれない。
しかし力とは、すべからく暴力のことではないのかとふと思ったのだった。


あるコミュニティ。
ここは来る者は拒まず、去る者は追わず。
コミュニティとしての最低限ルールがあるのみで、
運営はゆるい。もちろんここには主催者の頑張りがあってのことだろう。
そして営利を追求しているのでもない気楽さもあるだろうし、
なんら目標もない。組織とコミュニティは違う。
でもこの風通しのよさにいつも希望や明るい未来を感じるのは確か。
このコミュニティにも場違いな人はいるけど、
みんなある意味場違いな人たちかもしれないけど、排除はない。
排除するまでもないということか。


やがては解散する、ということが重要なのだろうか。
なにかを長く維持しようとするから、不純物を取り除こうとするのか。
その場、その場。


目標のない組織、会社を夢想した。


少しでも具体的であることを誤りとする、
韓氏意拳のことを思った。


自分が映画を撮り始める時、
そのことを留意しよう。
ゆるいコミュニティのように映画を撮りたい。


2014.04.13 早朝の朧月
1549292_667480063288196_5862600437181514294_n.jpg


タイプライター、鉛筆、万年筆、サインペン、ボールペン、
ネット文字、、、
書かれた言葉は同じだとしても、伝わりかたは全然違う。



4時起き生活に戻す。
朝はひらめきが多い。
かなしみもよろこびもニュートラルにやってくる。
昼間に何度も聴いていたブルース・スプリングスティーンの曲が脳裏にかかると、
ああブルースは人生の痛みをやわらげるんだなあと思えた。


数分しか話していない人に何度も会ってほしいと言われ、
宗教の勧誘か?とか思っていて、会って話していたら、
就職先を紹介してほしいとのことだった。
なぜ自分にたのむのか謎だが。
そういうたのまれごとをよく受ける。
なんとか力にはなりたいが。
ひとはみんな幸せなりたい。


しゃべらない社長。
会社が大渋滞。


哲学科を出た知人が、
哲学科を出た人間は善悪で物事を考えるから苦しむんだ、と言っていた。
わたしも哲学科を出た人間だが、たしかにそうだ。
原発を見ればわかるように、世の中は善悪ではまったく動いていない。
九電の前を通ると原発反対のプラカードを掲げたおばあちゃんがいつもいて
にっこりしてくれる。
平和活動をしている人に平和な顔をしている人が少ないが、
このおばあちゃんは違う。
平和をもとめるさなかに、常に分裂、対立、争いを多く見てきた。
そういうものなんです!とあきらめるか。


ネコには関係ない。
春だからか、えさをたくさん食べる。
わたしも食欲が多いようだ。
露出狂が増える。
春の季語と誰かが。
寒いと露出できないのか。


味噌汁三百六十五日という古書を購入。
わたしは味噌汁を愛しています。
沸騰させてはいけません。


***
汁の実が、ほどよい柔らかさ、
それもそのものの持ち味がはっきり残っている柔らかさで、
味噌汁がなじんでいて、、   『味噌汁三百六十五日』辻嘉一


PTA(ポール・トーマス・アンダーソン)の2012年の映画「ザ・マスター」を見ました。
(以下少しネタバレあります)
一貫してPTAは救われない人間を説諭して救おうとすることに関心があるようです。
顔の迫力、ショットの充実、色調、ホアキン・フェニックスのなで肩、顔の歪み、
映画でここまでできるという発見がありました。
このレベルは日本映画では到底出来ないと歯痒い思いさえしました。


いつか大阪で路頭に迷った男が新興宗教かなにかの組織に入り、そこの儀式でなにかを飲み、
願い事を書く紙を渡されると、「自分にはそんな資格などない」と泣き叫び、
そこを離れ、タコ部屋の個室ビデオ店に火を放って多くの死傷者を出した事件を、
そしてこの逮捕されたときの男の顔をただひたすら思い出しながら、この映画を見ました。


わたしは宗教を否定しません。
しかし宗教を信仰している人を何人も見て思いますのが、
その救われ方の浅さです。


わたしはあるとき唐突に覚醒体験をしました。
鳥の声の意味がわかり、人の思考がリーディングでき、地球の全体の出来事に涙しました。
人に向き合うとき、それぞれの人生にテーマがあることが、フィルムに光が感光するように
じわっと滲み出して伝わるのです。
宗教家の語る業(カルマ)や転生といったことを自然に体認していました。
肉食をやめ、玄米菜食を主とし、酒やコーヒーを飲まなくなりました。
悩みやストレスが消滅し、朝の太陽の美しさに愕然とする毎日でした。
隣人をホームレスを愛し、憎しみや怒りの心が消滅しました。
ここから宗教を生み出せるとさえ思いました。
でも根底にあったのは謙虚さと使命感でした。
こんな体験をしてしまった者の使命があると思いました。
わたしはたくさんの覚醒体験談を読んでいました。偉人から一般人までの。
それゆえこれが一時的なものであることはわかっていたし、この状態が消えてしまうのが怖かったです。
この状態を維持しようと毎朝4時には起きて、外で真っ暗闇の中呼吸をし、
精神世界の本をむさぼるように読んでいました。
1ヶ月ほど経つと、この覚醒体験の「効能」は弱まっていきましたが、
徐徐の変化であったため日常にまぎれて、悲しさもありませんでした。
いまでは多少の肉も食べるし酒も飲みますが、菜食の方が心身は安定します。


私はこの「ザ・マスター」という映画をまったく違った次元でも見ていました。
ホアキンは最後、ザ・マスターと呼ばれる教祖の元を去ります。
その選択が最良のものであるのかは誰にもわかりません。

わたしは覚醒体験により見えた風景によって確かに変わりはしましたが、
おもしろいことに再び肉を口にすることの方が重要に思えました。
あばら骨の浮き出た釈迦が悟りの後、少女の持ってきた乳粥を口にしたのはなぜでしょう。
こんな釈迦に失望した修行僧は5人いたようです。
このとき釈迦は輝く金星を見たと言いますが、大分の明け方の東に強く輝くのは金星でしょうか。
少女の名前はスジャータ(善生)と言いますが、あの食品メーカーのスジャータはここからきたのでしょうか。


救いや覚醒、悟りといったものはあくまである〈状態〉を示したもので、
体験すればすれで終わりといったものではありません。
仏陀のことを永遠の覚者と呼ぶように、その状態が持続できるのは、
一部の人だけでしょう。ここを勘違いすると宗教はカルトになります。
気をつけないと教祖はいつの間にか腐臭の漂う便所のようになってるでしょう。


「自分には救済される資格などない」と泣き叫んだ男は死刑にされます。
その魂はどこに行くのでしょう。


映画の終わり、別れ際、教祖は「ON A SLOW BOAT TO CHINA」を歌います。



あなたを小さな船に乗せて

中国までゆっくり行きたい

あなたを独り占めしたいわ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。